フケの原因は頭皮の菌にあり?

MENU

フケの原因菌と対策のための方法をお伝えします!

フケってなんで発生するの?どうすればなくなるの?そんな疑問にお答えする、フケの原因菌とその対策について紹介します。

 

フケとは?

頭皮から落ちてくる角質が実はフケの正体です。通常は目に見えない大きさで落ちてきているので問題ないのですが、頭皮の状態が乱れることで、目に見える状態で落ちてきてしまい、私たちを悩ませることになるのです。

 

フケの原因は?

フケの原因は頭皮にあるマラセチア菌という癜風菌です。癜風菌はいわゆるカビ菌なのですが、頭皮が健康な状態でも、常に頭皮に存在している菌であり、もともと弱い菌で病原性はあまりないため特に問題はありません。しかし、このマラセチア菌は頭皮に存在する皮脂の中に含まれる中性脂肪を好むという特徴があるため、頭皮に過剰な皮脂が存在する状態になると、マラセチア菌も増えてしまいます。マラセチア菌が増え、皮脂の中にある中性脂肪を脂肪酸に分解しようとする働きが頭皮の上で過剰に発生してしまうと、その分解や付着した脂肪酸が頭皮を刺激し、炎症が発生してしまうのです。この炎症の症状として、頭皮がカサカサになってしまったり、フケが出てしまったりするのです。この炎症が軽症な状態が「フケ症」であり、重度の状態になると「脂漏性皮膚炎」という病気になります。

 

改善するにはどうしたらいいの?

マラセチア菌の繁殖を抑えるために普段の生活でできる3つの対策を紹介します。

 

正しいシャンプーを使う

フケの対策には正しいシャンプー選びが重要です。洗浄力が強すぎても頭皮を余計に刺激してしまいますし、弱すぎても皮脂を洗い流すことができません。そのため、適度な洗浄力と無添加などの低刺激性のシャンプーを選ぶことが重要です。また、抗カビ成分のミコナゾール硝酸塩や抗酸化・抗菌成分のオクトピロックスといった、マラセチア菌の繁殖を抑制する効果を持つ薬用シャンプーを選ぶこともオススメです。

 

シャンプーの仕方に注意する

正しいシャンプーを選ぶことだけでなく、そのシャンプーを正しく使うことも重要です。シャンプーの後のすすぎが甘いと皮脂が洗い流されずに頭皮に残ってしまうことがあります。一般的にはシャンプーにかけた時間と同じ時間を使ってすすげば、しっかりとシャンプーや頭皮の汚れを洗い流すことができると言われています。また、マラセチア菌は頭皮や髪が未乾燥な状態に繁殖しやすいので、ドライヤーでしっかり乾かすことも心がけてください。

 

生活習慣の見直し

最後に大切なのは生活習慣の見直しです。食生活が偏り、脂肪分や糖質を過剰に摂取してしまうとその分皮脂の分泌量も増えてしまいます。また、睡眠不足や運動不足により、自律神経が乱れると皮脂の分泌量をコントロールする機能も乱れ、皮脂量が増えてしまうことがあります。そのため、バランスの取れた食生活や十分な睡眠、適度な運動を意識しましょう。