フケ 改善 シャンプー

フケを改善させるシャンプーの選び方とは?

フケが出る原因は頭皮にトラブルが起こることにあります。最短で改善をしようと思うのなら、シャンプーを見直すことで効果が表れるかもしれません。
シャンプーは頭皮の汚れを落とすために強い洗浄剤が使用されることがよくあります。体の中で最も皮脂の分泌量が多い頭皮の汚れを落とすためには、ある意味仕方ないことではありますが、頭皮もその分影響を受けていると考えても良いでしょう。

 

・シャンプーの選び方
シャンプーは何を基準に選んでいますか?
先ほども言ったように、一般的なシャンプーには洗浄力、刺激ともに強い成分が含まれています。肌の弱い人であればトラブルを起こすこともあります。
シャンプーは髪を洗うものだから髪に良いものを、とだけ考えて選んでいては、頭皮に合わないシャンプーを選んでしまうこともあるでしょう。シャンプーは自分の肌や髪に合うものを使うことが大切なのです。

 

フケを改善させるためにシャンプーを見直すのであれば、頭皮に負担をかけないやさしいシャンプーであることが重要です。
現在フケが出ているのは頭皮に負担をかけるシャンプーを使っている可能性もあるからです。
では、やさしいシャンプーとはどういったものなのかご紹介していきましょう。

 

◎アミノ酸系シャンプー
シャンプーは大きく分けると”高級アルコール系”、”石けん系”、”アミノ酸系”に分けることができ、一般的に広く使用されているのが”高級アルコール系”です。高級アルコール系とは、分子中の炭素が多い(=高級)アルコールから作られた洗浄剤(=界面活性剤)のことを言います。
高級アルコール系や石けん性は、洗浄力や刺激が強く、肌の弱い人ではかゆみなどが起きることがあります。これらとは対照的に、刺激もほとんどなく、やさしい洗浄力なのがアミノ酸系の成分です。
アミノ酸とは、人間の体の素となるたんぱく質を作り出している成分なので肌に刺激を与えません。また、頭皮の皮脂は必要以上に洗い流してしまうと乾燥を招いてフケを発生させてしまいます。
肌にやさしく、頭皮の皮脂を必要以上に取り除かないアミノ酸系のシャンプーであれば、頭皮に負担をかけることなく汚れを落とすことが出来るのです。

 

◎ノンシリコン
シャンプーはシリコン入りのものとノンシリコンのものとに分けることができます。一般的なシャンプーにはシリコンが入っていますが、頭皮に負担をかけないことやフケの改善にはノンシリコンを選んでおく方が良いでしょう。
シリコンは髪表面に薄い膜を作り、指通りの良いサラサラな髪にしてくれたりとメリットも多いですが、すすぎ残しをすれば頭皮の毛穴に詰まって負担になることが考えられます。
ノンシリコンのものであればそういった心配がなく使えますが、シリコンの働きが無いため「きしみ」やすく感じるようです。
また、シリコン入りのシャンプーで頭皮のトラブルが起こる可能性も少なからずあるようなので、フケなど既に頭皮の悩みがある場合は使わない方が良いでしょう。

 

・正しいシャンプーの使い方
間違ったシャンプーの方法では、頭皮にやさしく効果のあるシャンプーを使っても意味がありません。
正しくシャンプーを使うポイントは、シャンプーを手に取って泡立ててから髪につけること、直接頭皮に付けないことです。
このポイントを頭に入れて、フケを改善させましょう。